Home > 「さいとう」のFX体験談

「さいとう」のFX体験談

FX体験談から学ぶ
FX体験談 さいとう

年齢と性別、結婚しているか

31歳・男性・既婚(子供なし)

血液型

B型

現在の職業

会社員

出身地と現在住んでいる地域

出身地:岡山県
現在地:岡山県

自分の性格

真面目な性格ですが、時々思い切りよく勝負します。
新しいことに何でもチャレンジするなど好奇心旺盛です。

好きな食べ物

カレーライス

趣味

パソコン(インターネット、プログラミングなど)、競馬

最終学歴

4年制大学卒(理系)

投資暦(FX以外)

外貨預金7ヶ月

FX暦

約1年

FXを始めたきっかけ

生活資金として必要なお金以外の資金をどのように運用するかということで、最初はソニー銀行の外貨預金で運用していました。元金150万円で年間8万円程度の利息を得ていましたが、2ちゃんねるなどを見ていたら、外貨預金よりもFXの方が利息(スワップ)が高いから有利などと書かれていて、それならとばかりに外貨預金の資金を全てFXに移すことにしました。これがそもそもの間違いでした。

使っている会社と感想

セントラル短資
マネーパートナーズ

最初の1ヶ月ほどはセントラル短資を使っていました。その後、手数料が無料のマネーパートナーズにも加入し、資金を2つに分散して行うことにしました。セントラル短資の良いところは、獲得したスワップがすぐに資金に加算される点です。

マネーパートナーズの良いところは、手数料が無料であることと、スプレッドが小さいことです。今にして思えば、マネーパートナーズに加入した際、マネーパートナーズに全額資金を移しておくべきでしたが、分散させたままにしておいたことが、後に悲惨な結果を招くことになりました。

いくらから始めたか

最初は、セントラル短資で160万円から始めました。途中で、別途定期預金していた100万円とボーナス40万円を追加しましたので、合計300万円を資金として使いました。

周りにFXをやっている人がいるか?
いる場合は、おおよその人数と利益が出ているか、出ていないか?

周りにFXをやっている人はいませんでした。
なので、始めた時もその後もずっと1人で孤独な戦いを続けることになりました。

一日にどれくらいトレードするか?また時間帯いつか?

日中は仕事がありましたが、ロンドン市場が開く16時~17時は値動きが激しくなることがしばしばだったので、その間は中座して携帯で注文したりしていました。

帰宅してからは、ニューヨーク市場の開く22時~23時あたりから深夜2時くらいまでずっとパソコンにかじりついていました。

主に取引している通貨ペアとその理由

・NZドル
・豪ドル
・米ドル

「NZドル」
スワップが大きいから。乱高下が大きく、為替差益を得る機会が多い。

「豪ドル」
スワップが大きいから。乱高下が大きく、為替差益を得る機会が多い。

「米ドル」
スワップはそこそこですが、基軸通貨で情報量が多いから。

レバレッジはどれくらいがメインか?

最初は3倍程度で始めていたつもりでしたが、徐々に高くなりいつの間にか10~20倍ぐらいで行うようになっていました。

月ごとの収益

2006年10月:+119,178円
2006年11月:-512,210円
2006年12月:-426,968円
2007年1、2月:-1,380,000円
2007年3、4、5、6月:-674,076円

現在収益は?

現在収益:-2,874,076円

1度の取引での最高収益と最高損出

最高収益:12万円
最高損出:50万円

手法(チャートなど)

チャートの見方などもよく分かりませんでしたので、我流でやっていました。

なぜ、失敗したと思いますか?

失敗した理由は3つあります。

1つ目は、欲を出してレバレッジを高くしてしまったことだと思います。レバレッジが低ければ、急激な円高や円安が来てもある程度耐えることが出来ますが、レバレッジを高くしていると、ロスカットの恐怖から冷静な対応が出来なくなってしまうからです。勝っているときは、大儲けしようと考えて安易にレバレッジを高くしてしまいますが、為替はいつ変動するか分かりませんので、そういう事態を想定してレバレッジの範囲をきっちり決めておくべきだったと反省しています。

2つ目は、急激な相場変動に対して、すぐに損切りしなかったことです。今回、2006年11~12月と2007年2月に急激な相場変動がありました。そのときに、速やかに損を切っておくべきでしたが、いつか戻るだろうという根拠のない自信から、放置してしまったために身動きが取れなくなってしまいました。

そして、3番目がセントラル短資とマネーパートナーズに資金を分散させてしまったことです。合算すれば、急激な相場変動にも耐えられるだけの資金だったのに、別々にしてしまったため個々の資金が小さくなり、両者が危機にさらされる羽目になってしまいました。基本的には、事前にしっかり勉強しておかなかったことが原因です。そして、大儲けしなくてもいいから、元金を損なわないような確実な手を打つような指針(自らに対する戒め)を設けなかったことが最大の敗因だと考えています。

今後の展望

もうFXに参戦することはないと思います。これから1~2年は円高の時代でしょうから、余剰資金が出来れば、今のうちに外貨を購入しておきたいところですが、FXは基本的にギャンブルですから、外貨預金の方に戻るのではないかと思っています。

これからFXを始める人へメッセージ

FXは、株や投資信託などと同じく運用方法の1つとして考えられていますが、私は競馬と同じギャンブルだと思います。非常にハイリスクな代物です。一般的に、FXを始めた人の9割が1年以内に退場していると言われています。なので、大儲けした人の体験談もあるかと思いますが、ほとんどの人が大金を失う結果になるということを踏まえ、始める場合は、十分に勉強してから参戦されることをお勧めします。

このような体験でもこれからFXを始める方の参考になれば幸いです。

参考にした本・ホームページ

2ちゃんねるの市況2など