Home > 「techu」のFX体験談

「techu」のFX体験談

FX体験談から学ぶ
FX体験談 techu

年齢と性別、結婚しているか

39歳・男性・既婚(子供なし)

血液型

A型

現在の職業

自営業

出身地と現在住んでいる地域

出身地:長崎
現在:福岡

自分の性格

パソコンの前に座ってデータを修正していく作業に没頭して、気が付けば3日経ってたという気持ち悪いくらいの集中力。反面、集中力が切れて燃え尽きたら、何を言われても反応しなくなる癒し系。

好きな食べ物

焼肉(ホルモン・丸腸)

趣味

釣り(春はメバル・夏は小鯵・秋冬はやらない)

最終学歴

九州デザイナー学院

投資暦(FX以外)

2000年から株式投資をはじめました

FX暦

2003年頃から

FXを始めたきっかけ

株式で主に新興市場をやってたんですが、資産の安定を求めて東証1部に鞍替え、と同時に新興市場のようなトレードもやりたかったのでFXで運用しようと考えました。

株式で中期(2~3ヶ月)くらい寝かせておいた資金を少しずつFXにまわすようになって、2006年のライブドアショック以降は、株式から引いた資金の半分をFXでやるようになりました。現在は株はやらずにほぼFXにつぎ込んでます。

使っている会社と感想

・外為どっとコム
FXCM
外為オンライン

「外為ドットコム」
最初に始めたのは外為ドットコム。サーバの安定度は抜群なのですが、指標時にスプレッドが殺人的に広がることに嫌気してしかも指標時に成り行きで約定しないことが度々あったので、逃げ遅れることもしばしば。
そこで、同じくらいのスプレッドで約定能力が高いFXCMに変更。

「FXCM」
指標時でもディーラーチェックは入らないので、ここで一生やろうかと安心しきっていたら時々サーバが落ちたりして致命傷を負うこともしばしば。

「外為オンライン」
いろいろな業者を比較していたが約定能力が素晴らしくても、サーバが頑丈でも一長一短があると思い、発想を変えて多少の約定能力の悪さはあっても、スプレッドが極小でしかも固定で、指標時も広がらなければポジション取った瞬間に損失が出てもすぐに切ることができる、有利に立ち回れるのではないかと、外為オンラインに変更。

その後、この特性を利用してトレードしていくうちに、自然とスキャルピングに目覚めていく。

いくらから始めたか

株からの移動は最初30万でした。全額が勉強代で消えてなくなり、途中株の資金を半分くらい引き上げて150万から再スタートしました。

周りにFXをやっている人がいるか?
いる場合は、おおよその人数と利益が出ているか、出ていないか?

いません。

一日にどれくらいトレードするか?また時間帯いつか?

ほぼ張り付いてますが、実際のトレードはスキャルピングでやってます。

8:30~昼(主に東京時間の仲値と前場11:00くらいまで)
15:00~17:00(東京大引け直後から、ロンドン開始直前まで)
22:00~深夜(NY開始後)

主に取引している通貨ペアとその理由

・米ドル/円

以前は低レバレッジでポンド/円をやってましたが、ドル/円につられることが多いので、ドル/円の値動きを見てるうちにドル/円だけになっていました。

レバレッジはどれくらいがメインか?

最初は20倍、現在は200倍

月ごとの収益

2008月1月:+128205円
2008月2月:-186851円
2008月3月:+58600円
2008月4月:-225600円
2008月5月:-157856円
2008月6月:+84251円
2008月7月:-45557円
2008月8月:-78500円
2008月9月:+146200円
2008月10月:-254700円
2008月11月:-127500円
2008月12月:+25000円

現在収益は?

現在収益:-634308円

1度の取引での最高収益と最高損出

最高収益:45万円
最高損出:110万円

手法(チャートなど)

1分足チャートに(BB+RSIを引いておく)時間足と日足にも同じようにして時間足のBBから剥がれた時に、1分足の戻り(RSI70or30)でポジション取り時間足のBBのくっついたところでクローズか、動きが鈍い場合はすぐにクローズ。

日足チャートは日足のトレンドに逆らわないために一緒に表示しておく。(時間足が短くなってくると、急な値動きに煽られてへんなポジションを採ってしまう)指標時は絶対にポジらない。

なぜ、失敗したと思いますか?

欲をかきすぎたのと、欲を出さなかったということに尽きます。大きな時間足のトレンドに逆らってしまった。(小さい時間ではすぐ戻ると勝手に思い込んでしまう)利益が伸びそうなときに、すぐに利確してしまった。

次にポジションを取ったときには逆になってしまっても損失が膨らんでいるときに、なかなか損を切れなくなってしまった。一度大きく負けると、取り返してやろうという気持ちが先走って一度に取られたのだから、一度に取り戻せるだろうと予定外の取引をしてしまった。

今後の展望

・決めた金額で細かく利益を上げていく。
・1日にいくらまでと決めその金額負けたら、その日は休む(取り返してやろうと思わない)
・同じように1日の利益決めて、その金額になったらその日は休む(欲を出さない)

これからFXを始める人へメッセージ

まずトレードのスタイルを決めて、資産の配分をしっかり決めておくことは大事だと思います。何事も利益は後から付いてくるといいますが、無理してるなと感じたら休むべきです。無理してると思うときは、逆のポジションを持ってる(含み損を抱えてる)ときに有利になるニュースを探し、予想をしてるときです。こういうときは、必ず次も同じようなトレードをしてしまいます。へんなクセが付いてしまいます。

私はハイレバでスキャルピングをやってるのですが、スキャルをやる場合、5分足などのチャートをずっと見てたら、指標以外の時でも短時間に大きく動くときがよくあります。だいたいそういったときは「物凄いチャンス!」のような感じがしますが、こういう場面に遭遇するとポジションを「どこで取ろうか」という決断に迫られます。ポジションを取らないという選択肢が消えてしまうのです。分足の短時間の動きのせいで、日足も時間足も都合の良いチャートになってしまいます。気が付かないうちに、自分の予想にあわせたチャートの見方をしてるわけです。

しかし、そういう時は勝負に出ないほうがいいと思います。値動きにつられてギャンブル的な面白さを追求してしまうと、こういうときにしかトレードしなくなります。スキャルピングは地味な作業を淡々とやるんだというスタンスを忘れないようにしましょう。

参考にした本・ホームページ

なし