Home > 「ayaka」のFX体験談

「ayaka」のFX体験談

FX体験談から学ぶ
FX体験談 ayaka

年齢と性別、結婚しているか

18歳・女性・既婚(子供あり)

血液型

A型

現在の職業

専業主婦

出身地と現在住んでいる地域

出身地:川崎
現在:池袋

自分の性格

飽きっぽくて、1つのことがあまり長く続けられません。
また、少し壁に当たるとすぐに挫折してしまいます。

好きな食べ物

ケーキ

趣味

子供と遊ぶこと

最終学歴

川崎市立菅中学校

投資暦(FX以外)

今回が初めて

FX暦

2007年の夏に始めて1年半位です。

FXを始めたきっかけ

子供が生まれ、外に出れないので何か家でできる副業はないかと探していたところ、元々FXをやっていた主人に勧められて、始めたのがきっかけです。

始めはスワップ目的だったのですが、パソコンの前で一喜一憂している主人を見て自分で差益をねらうトレードの方がおもしろそうだと思い、デイトレードをするようになりました。

使っている会社と感想

・日興コーディアル証券
mj

「日興コーディアル証券」は主人が使っていましたし、大手ということもあり、使っていましたが、やはり手数料が高いのですぐにやめました。

「mj」は手数料が無料でスプレッドも日興コーディアル証券よりも小さかったので、今はメインで使っています。

いくらから始めたか

いきなり高額を投資するのは怖かったので、最初は10万円から始めました。
ですが、マイナスになった時のことを考え、30万円入金しました。

周りにFXをやっている人がいるか?
いる場合は、おおよその人数と利益が出ているか、出ていないか?

周りでFXをやっているのは主人のみです。
利益にはかなりムラがありますが、毎月100万単位の利益を出しています。

一日にどれくらいトレードするか?また時間帯いつか?

一日のトレードは多いときは5回位で、トレードをしない日もあります。
時間帯は昼間は家事の合間にちらちらと値動きの確認をする程度で、FXだけに集中するようになるのは20:00以降です。

主に取引している通貨ペアとその理由

・「豪ドル/円」

値動きと情報がそこそこあり、大体「米ドル/円」と時間差で同じ動きをすることが多く、
流れが読みやすいからです。

レバレッジはどれくらいがメインか?

元手が少ないので、100倍でやっています。

月ごとの収益

2008年8月:+32,000円
2008年9月:+15,820円
2008年10月:+8,335円
2008年11月:-12,472円
2008年12月:-16,683円

現在収益は?

現在収益:+27,000円

1度の取引での最高収益と最高損出

最高利益:8千円
最高損失:3万円

手法(チャートなど)

数値の異なる4つのストキャスティクスを使ったスキャルピング手法です。

なぜ、失敗したと思いますか?

私が失敗した理由は

1番目に取引に失敗して損を出したとき、資産を失くしたショックでやる気がなくなり挫折してしまい、
「自分がなぜ今回の取引で失敗したのか?」ということを考えなかったからです。そして、その前回の失敗を忘れたころに取引を再開して、また同じ失敗を繰り返すという感じでした。

2番目に自分が決めた売買ルールを守らなかったことです。利益確定の際、持っているポジションの利益が自分で決めた決済ポイントに達したにも関わらず、「もう少し待てば利益がもっと出るかも」と欲が出てしまい、結局はプラスマイナス0かマイナスで終わってしまうことが多々ありました。逆の損切りの場合も、自分の損切りルールを守らず「もう少し損失が減るまで待とうかな」と考えてしまい、結局は更に損失を増やしてしまうことになってしまっていました。

以上のように、私の場合はチャートなどのFXに関する知識は勉強したものの、実際に取引をする上での心構えが出来ていなかったことが失敗の理由です。FXで勝つためには手法だけじゃなく、自分の欲などにも克つという精神面の勉強も必要だったようです。

今後の展望

日々、相場は変化しているので、いつまでも通用する手法は無いと思います。なので、今後はその時々に合わせた新たな手法の研究をしていきたいと思っています。

これからFXを始める人へメッセージ

今、FXは流行っているということもあり、情報はインターネットや本に溢れています。ですが、当然のことながら実際に取引をするのは自分なので、どんなに稼げる手法を使ってもそこに決められてる売買ルールを忠実に守ることができるかは、全て自分にかかってきます。

もちろん手法の研究や知識を深めることも大事だと思いますが、私のような失敗をしないためにも、自分の取引を客観的に見るということもぜひ実践していただきたいです。

参考にした本・ホームページ