Home > 「ニャロメ」のFX体験談

「ニャロメ」のFX体験談

FX体験談から学ぶ
FX体験談 ニャロメ

年齢と性別、結婚しているか

32歳。男性 未婚

血液型

A型

現在の職業

介護職

出身地と現在住んでいる地域

埼玉県所沢出身
現在は大宮に在住しています

自分の性格

好奇心旺盛な所が長所です

好きな食べ物

カレーライス

趣味

サッカー

最終学歴

東京都立羽田高等学校

投資暦(FX以外)

FX以外に今まで投資をした経験はありません

FX暦

2007年11月にFXを開始。投資と呼べるものはこれが初めてです

FXを始めたきっかけ

将来の年金を自分で稼げる様になりたかったからです。

使っている会社と感想

・FXブロードネットです。

スプレッドも狭いし、取り扱い通貨も多く不満はありません。
スキャルピングではとても助かっています。

いくらから始めたか

2万円からです。

周りにFXをやっている人がいるか?
いる場合は、おおよその人数と利益が出ているか、出ていないか?

30人くらいいるでしょうか。大体の人は月数十万程度は勝っている様子です。専業の人も5人くらいいます。

一日にどれくらいトレードするか?また時間帯いつか?

スキャルを開始できそうであれば数十回。
デイトレの流れになると3~4回です。
15時以降がほとんどの取引しやすい時間帯かと思います。

主に取引している通貨ペアとその理由

・ドル円 
・ユーロ円 
・ユーロドル

ドル円 ユーロ円 ユーロドルに関しては、どれも動きが素直で、市場開始時間帯の流れが読みやすいということです。さまざまな時間足を見たときに、トレンドができやすく、デイトレ、スキャルともトレードしやすいと思います。

レバレッジはどれくらいがメインか?

20倍です。

月ごとの収益

2007年11月:+5万
2007年12月:+25万円
2008年1月:-32万
2008年2月:+17万円
2008年3月:+18万
2008年4月:-9万
2008年5月:-5万
2008年6月:-5万
2008年7月:+8万
2008年8月:-9万
2008年9月:+2万
2008年10月:+6万
2008年11月:+29万円
2008年12月:+18万円

現在収益は?

現在収益:+59万程度です

1度の取引での最高収益と最高損出

最高収益は6万、
最高損益は20万

手法(チャートなど)

使うチャートはメタトレーダーになります。基本的に順張りです。
スキャル、デイトレ関わらずです。

なぜ、失敗したと思いますか?

自分で勝手に決めた、この変かな?という過去のサポートライン レジスタンスラインを超えたとき、そろそろ買い時(売り時)と勝手に判断してしまい、まったく逆に動いてしまう売買です。まさに値ごろ感での失敗例です。基本に忠実に、順張りに徹すれば、勝率を落とすことなく利益を上げ続ける事が出来ると学びました。

今後の展望

勝つ方法、手法に関しては、完全に順張りです。トレンドが出来たらそれに乗るだけです。逆に言えばトレンドが見られない状態の場合は何もしない事です。細かいトレードの方法に関しては、買い時売り時を、ほぼダマシもなく教えてくれるシグナルを出す事の出来るチャートを運よく手に入れる事が出来ましたので、それに基づいてトレードするだけです。そのシグナルとは、基本的に順張り系統のシグナルです。今後の展望に関しては、来年3月ごろまでは、円高であり続けると思っています。それまでは基本は戻り売りです。週足、日足でトレンドの転換が見られるまでは大きく買いポジションは取るつもりはありません。

また、新しいコンテンツに関しては、メタトレーダーという無料でダウンロードが出来るチャートがあります。非常にトレードがしやすいです。このメタトレーダーでは、膨大な種類のシグナルを出す指標がありますので、これに関したコンテンツなどを考えてみては如何でしょうか?指標シグナルの評価など、記事にしていったら良いと思います。私もメタトレーダーのシグナル指標で利益を出し続ける事の出来る指標を見つける事が出来ましたので、お勧めです。組み合わせは個人の好みになりますので、これが良いとは私からは言えませんが、きっと良いトレードが出来るきっかけになるのではないかと思います。

これからFXを始める人へメッセージ

自分で納得いくまで勉強していく中で、さまざまな良い情報、手法にめぐり合えると思います。そして自分で納得するまで検証してください。それに基づいて、自分だけを信じてください。有名な経済アナリストの言うことが外れることは日常茶飯事です。勝つ方法はシンプルです。それを知るのが難しい為にそれを知る前に諦めてしまう方が殆どです。わかってしまえばとても簡単です。絶対に諦めないでください。勿体無いですから…

参考にした本・ホームページ

特にありません。