Home > 「てつや」のFX体験談

「てつや」のFX体験談

FX体験談から学ぶ
FX体験談 てつや

年齢と性別、結婚しているか

31歳・男性・既婚(子供なし)

血液型

A型

現在の職業

インターネット系の自営業

出身地と現在住んでいる地域

出身地:新潟県
現在:福島県

自分の性格

基本的には几帳面ですが、アバウトな面もあります。
何かをする時も慎重に行ないます。

好きな食べ物

マンゴー

趣味

旅行

最終学歴

東京の某高校

投資暦(FX以外)

今回が初めて

FX暦

2004年12月からはじめて、5年近くになります。

FXを始めたきっかけ

最初はFXという言葉自体、聞いたことがなく、聞いたときは外貨預金か何かのことかと思いました。実際、全く関心がありませんでした。

しかし、友人がFXをやってみて、ある程度の収入源になることを教えてくれました。それも、小額ではじめても、利益を生むという事で、興味がわきました。実際にどのように行っているのか、パソコンを使って教えてくれましたので、さっそく「楽天証券」のサイトから、申し込みを行いました。

最初はデモトレードを行なって、練習を行なった後、実際の取引に移り、少しずつ取引を行なうようになりました。

使っている会社と感想

楽天証券
・外為どっとコム

はじめは友人が使っていた「楽天証券」に申し込みました。はじめのうちは決済の手数料が、1万通貨単位500円かかっていたため、それが高いと感じていましたが、しばらく前から取引手数料がすべて無料になったため、そのまま使用しております。インターネット上で、FXについてのオンライン授業なども行なっており、参考にさせていただきました。

「外為どっとコム」は1度も取引で使用したことはありませんが、為替に関する情報が豊富で、見やすいこと、トレンド系チャートが分かりやすいことなどが理由で、利用しています。

いくらから始めたか

最初は10万円からスタートしました。途中から資金を追加し合計56万円を入金しました。
その後、証拠金の余剰資金が不足してきたため、11万円追加入金しています。

周りにFXをやっている人がいるか?
いる場合は、おおよその人数と利益が出ているか、出ていないか?

2人ほどいます。
2人はほとんど利益を出すことなく、損出が多かったため、現在はポジションを持っていません。

一日にどれくらいトレードするか?また時間帯いつか?

基本的には朝と夕方に為替の動きをチェックしていました。そこで、取引できそうなものは注文したり、指値を設定して注文したりしました。

取引しても利益が出そうもない時は、まったく注文をいれませんが、利益が得られそうなときは、幾つか注文を入れていました。

主に取引している通貨ペアとその理由

・米ドル/円
・英ポンド/円

「米ドル/円」は馴染みが深いため、やり易かったので良く取引致しました。
また、アメリカのニュースや為替の動きは把握しやすかったのと、少し前、間ではスワップが1万通貨あたり、50円から100円ほどつきましたので、使っておりました。

英ポンド/円」はスワップ金利が高いという理由で取引していました。「ユーロ/円」も時折、取引しましたが、少し前まではヨーロッパの通過が対円で上昇していたため、比較的収益をあげ易かったという理由もあります。

レバレッジはどれくらいがメインか?

50倍前後です。

月ごとの収益

2004年12月:-16,536円
2005年1月:+126,489円
2005年2月:-20,718円
2005年3月:-3,103円
2005年4月:+27,267円
2005年5月:+6,065円
2005年6月:+82,780円
2005年7月:+88,701円
2005年8月:+46,732円
2005年9月:+47,525円
2005年10月:+141,119円
2005年11月:+113,534円
2005年12月:+13,230円
2006年1月:+108,744円
2006年2月:+96,975円
2006年3月:+123,770円
2006年4月:+121,242円
2006年5月 :+42,206円
2006年6月:+43,072円
2006年7月:+25,194円
2006年8月:+27,458円
2006年9月:-15,360円
2006年10月:-14,220円
2006年11月:-14,697円
2006年12月:-33,358円
2007年1月:0円
2007年2月:0円
2007年3月:0円
2007年4月:+13,220円
2007年5月:0円
2007年6月:0円
2007年7月:0円
2007年8月:0円
2007年9月:0円
2007年10月:0円
2007年11月:+1,488円
2007年12月:+26,458円
2008年1月:+2,692円
2008年2月:+2,099円
2008年3月:+1,926円
2008年4月:+1,715円
2008年5月:-58,587円
2008年6月:+1,407円
2008年7月:+1,573円
2008年8月:+1,775円
2008年9月:+1,437円
2008年10月:-211,957円
2008年11月:0円

合計 +949,582円

現在収益は?

949,582円 (取引損益+1,040,082-手数料90,500)

1度の取引での最高収益と最高損出

最高収益 65,229円
最高損出 213,620円

手法(チャートなど)

主に、「外為どっとコム」のチャートを利用しました。
移動平均線やローソク足を見ながら注文を入れたり、決済したりしました。

また、ファンダメンタル分析ができるように、「外為どっとコム」の情報を見て、必ず最新のニュースをチェックしていました。また、重要な指標や、発表が出ないかもチェックしていました。テクニカル分析では、大丈夫と思えても、ファンダメンタルの分析で不安があるときは、注文をいれないことが鉄則かと思います。

なぜ、失敗したと思いますか?

全体的に見れば、プラスになっているのですが、何度もマイナスを出している月も
ありますので、失敗した原因が何点かあったと思います。

1.安易に注文をしてしまう。
チャートを見て、上昇しそう、(もしくは下降しそう)と安易に判断して注文してしまうことが
ありました。こうした場合、うまくいく時もありますが、ファンダメンタル分析を行なって
いないので、予想外の方向に為替が動いてしまうことがあります。

2.証拠金の余剰資金を良く考えずに注文してしまう。
利益を上げてくると、たくさんのポジションを持って利益を多く出したいと思いますが、
決して無理をせずに、多少の為替相場の変動があっても余裕があるという程度の証拠金を
残しておくのが良いと思います。最悪の場合、ロスカットになってしまうかもしれません。

3.スワップ狙いだけを意識した注文。
スワップ狙いだけを意識して注文すると、結局は損することが多いと感じました。実際、何度か為替のレートが下がって大きな含み損を抱え、売るに売れない状態になる、俗に塩漬けといわれる状態に陥ってしまいました。その場合、本来ならば投資できる証拠金が使えず、さらに証拠金の余剰が減ってきているので、自由がきかなくなってきます。為替が上向きになってきても、マイナスで決済することも多いため、損することが多いでしょう。

4.リミットの設定をしていない。
損を出さないようにと、為替のレートが下がってもそのポジションが上がるまで持ち続けるという方法を取っていました。しかし、上記に記したように、塩漬け状態になってしまったり、大幅な損を出してしまうこともありました。ある程度の損出を出した時点でのリミットを設定しておけば、こうした状況にはならなかったと思います。大きい損出より、小さい損出をしたほうがよいと思いました。

今後の展望

2008年12月現在、アメリカやヨーロッパの経済が先の読めない状況となっています。日本円も対ドルや対ユーロ、対ポンドなどで異常な円高状況が続いています。

今までFX取引をしていて培った常識が通じない事態がみられるので、今は全く手を付けないようにしています。ただ、円が対ドルなど急騰しており、対ドルの場合、70円台になることは考えられませんので、注文を入れるチャンスかと思います。

これからFXを始める人へメッセージ

FXは慎重に、堅実に行なえば、利益をきちんと生みだしてくれる投資だと感じています。それで、ギャンブル好きの方には、もしかしたら向かないかもしれません。一部の動きやニュースを見ると、つい注文を出してしまいたくなるかもしれないからです。

きちんとテクニカル(チャート)分析、またファンダメンタル分析(経済指標や要人発言などを見て分析)の両方をしなければ、成功しないと思います。先日、アメリカのFRBが「ゼロ金利政策」を行うと発表したため急激な円高が進んだことは記憶に新しいと思います。 ぜひ、ファンダメンタルの分析を怠らないよう、お勧めしたいと思います。

取引の感覚をつかむのに少し時間もかかりますので、ぜひデモトレードを数ヶ月行なってから、実際の
取引をされることも良いと思います。以上の情報を皆様のお役に立てていただければ幸いです。

参考にした本・ホームページ

本の名前や著者は忘れてしまったのですが、3冊の本を読みました。
まず読んだのは、為替と金融についての本、これはFXについては全く書かれていませんが、為替についての基本的な知識を得る点で参考になりました。

2冊目に読んだのは、初心者のためのFXの本です。こちらはFX取引とは何なのか、用語の説明などもされており、大変役立ちました。

3冊目は、経済指標だけを一つずつ説明してある本を読みました。為替の動きに影響する経済指標を把握しておくことで、FX取引をする際の着眼点を養うことができました。

さらに、楽天証券で行なっていたオンライン講座を受講することにより、(無料)様々なチャートの見方や、分析の仕方を習得することができました。