Home > 複数テクニカル分析の組合せ > MACDを活用した買いタイミングのサイン

MACDを活用した買いタイミングのサイン

MACDを活用した買いタイミングのサイン

それでは、より売買タイミングの確度を上げるため、テクニカル分析指標組み合わる方法をご紹介したいと思います。ここでは、人気テクニカル分析手法の「MACD」と「ストキャスティクス」の組合せについて紹介したいと思います。まず、重要なポイントを2点ご説明しましょう。

(1)MACDが「0」以下でゴールデンクロスが発生したことを確認する
(2)ストキャクティクスが2本とも15以下であることを確認する

判断の流れも①→②の通りとなりますので、基本的に優先する指標はMACDです。特に、MACDの傾きに注目してみると、MACDが0よりも下に位置しているだけでなく、その傾きがゆるやかになり、傾きが殆どなくなった時ほど、しっかりと様子を見ましょう。

また、補助指標となるストキャスティクスにも気を配ることも忘れないで下さい。具体的には、ストキャクティクスの買いゾーンの判断です。初心者の方は、ストキャスティクスの買いタイミングは「30」程度と見聞きした方も多いかと思いますが、30程度ですと実際には相場が動かない(反転しない)場合がありますので、ここでは少しシビアな数値を設定することが大切です。

これらの丁寧な指標の見方・組合せ方により、精度が高い分析が可能になりますので、中級者の方は是非しっかりと分析する練習をしてみましょう。練習の方法は簡単です。3ヶ月~6ヶ月分程度のローソク足に対しMACDとストキャスティクスを引いて、上記で説明した通りに、売買タイミングが出ているか確認するのが手っ取り早いですので、是非試してみて下さい。