Home > 波形の形から売買タイミングを見極める > サポートラインを用いた見極め

サポートラインを用いた見極め

サポートラインを用いた見極め

先程の三角持ち合いでご紹介した「レジスタンスライン」や「サポートライン」を活用した、別な売買タイミングの見極め方法について、ご紹介いたしましょう。ここでは、サポートラインのブレイクポイントを狙った売りタイミングの見極め例についてご説明します。非常に簡単ですので、以下3つのポイントをまず覚えましょう。

(1)三角持ち合い同様、ローソク足を使ってトレンドラインを引きやすい相場になっているか
(2)ローソク足の下値を結んでサポートラインが引けるか
(3)高値圏でサポートラインをローソク足が下抜けしたかどうか

ここで「売りのタイミングだ」と判断する重要な点は、相場が大きく上昇したり、ローソク足の上昇トレンドが鈍化し、相場が天井を打ちやすい状況になっているかどうか確認することです。逆に言えば、焦って売りの相場だと判断せずに、じっくりと身構える必要があるということです。その確認が出来た後で、ローソク足がサポートラインを割り込んでしたら、「売りのタイミング」だと判断できます。

しかし、この方法には弱点もあります。それは「ダマシ」と呼ばれる、サポートラインを一瞬だけ下抜けしたように見えて、実際には上昇トレンドが続くという相場です。こうしたトリックに引っかからないように、他のテクニカル分析指標として、MACDやストキャスティクス等と合わせて、本当に売りのタイミングと判断出来る相場かどうか、複合的な視点から分析することをオススメします。