Home > 波形の形から売買タイミングを見極める > エリオット波動理論

エリオット波動理論

エリオット波動理論

さて、ここからは少し波動論に言及して行きたいと思います、最も知っておくべき波動論の一つ目が「エリオット波動理論」です。この波動論には①パターン、②比率、③時間という3つの重要なポイントがあります。

①のパターンとは波動の形状をさし、最も重要な基本要素を含みます。②の比率は、いくつかの波動の相対関係を計測することにより、反転時点や目標価格を推定する際に有効だと考えられています。③の時間も、波動パターンや比率を確認する際に使用されます。それでは、波形の形そのものに着目してみましょう。

5つの波に番号を付けてみました。これらを波1、2、3、4、5と呼ぶことにします。奇数の波は「推進波」と呼ばれる上昇波です。逆に偶数波は全体的上昇トレンドの中で逆方向に動いているで、「調整派」と呼ばれます。それは、波2、4が波1、3の上昇を調整していることから、そのように呼ばれます。また、波5の上昇が完成したあと3つの調整波が始まりますが、これらは順番に調整波a、b、cとして認識されます。

さて、この波形を利用した売買タイミングの見極めですが、最も重要な波は第3波動を見つけることです。これは、相場への参入に関連するのですが、第1波動、第2波動を確認した後、第3波動が第1波動の高値を抜いてきたときに参入する投資家が多いために、上昇トレンドの勢いが強くなることから、第3波のトレンドは第1波よりも長く高くなる傾向にあります。そのため、第2派から第3波に転じた後の、波形を良く観察することが大変重要だということが分かるかと思います。