Home > 移動平均線を活用した売りタイミングの見極め > 上昇途中での短期的な逆張り狙い

上昇途中での短期的な逆張り狙い


上昇途中での短期的な逆張り狙い

先程までは、下昇トレンドと中期移動平均線を利用した売りタイミングについてご紹介しましたが、これからご紹介する内容は、やや難しめ&多少の勇気が要る見極め方法です。ここでご紹介する方法は、下降トレンドの反対である「上昇しつつある中期移動平均線」を上抜き、大きくかけ離れた場合に、売りのポジションを入れるというものです。早速具体的なポイント3つをご紹介しましょう。

(1)ローソク足と中期移動平均線を利用する
(2)上昇相場で短期移動平均線とローソク足が、中期移動平均線から大きく乖離する
(3)逆張りで買うため、決済を早めに行う

この仕組みは、相場に参加する投資家心理を上手く利用した方法の上で成り立っています。どういう事かと言いますと、大きく乖離した為替相場を元の基準値に戻そうとする心理が働き、一時的に反転売りが入り、それでま上昇していたローソク足が下降トレンドに反転するのです。ここが売りのタイミングという事になります。

但し、相場のトレンドとは反対のポジションを持つ事になりますので、そのまま反転せずに上昇し続けるというリスクも内在しています(勇気が必要とのは、ここで試される訳ですね)。

尚、実際にポジションを持つ際には、必ずMACDやエンベロープ、場合によってはストキャスティクスを併用し、実際の乖離率に加えて他指標が売りのタイミングを示しているかどうか確認してから、売りのタイミングかどうか判断するようにしましょう。