Home > 移動平均線を活用した売りタイミングの見極め > 下降トレンドの中での押し目買い

下降トレンドの中での押し目買い

下降トレンドの中での押し目買い

続いても中期移動平均線を利用した、売りタイミングの見極め方法である「戻り売り」の方法についてご紹介しましょう。これは、移動平均線が下降している時にローソク足が中期移動平均線を一度上回り、再び下向いたタイミングを狙いに行く方法です。まずは重要なポイント3つを以下にご紹介しましょう。

(1)ローソク足と中期移動平均線を使用する
(2)下降中の中期移動平均線を、一度ローソク足が上回る
(3)その後再び中期移動平均線を下向くタイミングとポイントを狙う

上記は典型的な「戻り売り」のパターンとして、しばしば発生する現象です。相場がこのような時は、下降トレンドの勢いが強い状態のままで維持されていると判断し、売りポジションを保有する絶好のチャンスなのです。但し、先にご紹介した通り、このパターンはしばしば発生するのです、ポジションを持つ際には、ローソク足そのものの下降はやや限定的となるケースがあります。そのため、仮に売りポジションを保有出来たとしても、指値による決済注文を同時出して置いた方がベターです。

と言いますのも、下降トレンドがしばらく続いた後では、ローソク足が中期移動平均線を下回り、そのまま上昇する場合がありますので、リスクが内在している事を知っておきましょう。 そのため、このパターンが発生したからといってすぐにポジションを持つ前に、このパターンから見える下降幅(ボックス幅の下限値)を計算してから、いくらで決済注文するのが安全かを考えてから、売りポジションを入れるようにしましょう。