Home > 移動平均線を活用した売りタイミングの見極め > 下降トレンドと中期平均線を味方に付ける!

下降トレンドと中期平均線を味方に付ける!

下降トレンドと中期平均線を味方に付ける!

続いては、下降トレンドにおける順張り狙いでの売りタイミングの見極めです。ここでのポイントは3点です。

(1)ローソク足と中期移動平均線を利用する
(2)為替トレンドが上昇から下降トレンドへと変わった瞬間を狙う
(3)中期移動平均線をローソク足が下抜いたかどうか見極める

この方法は移動平均線が上昇を続けた後に横ばい、若しくは下向きかけていることをまず確認し、その上でローソク足が中期移動平均線を下抜いたタイミングを狙って売りポジションを入れる方法です。

その時の売買対象通貨や個人の投資方針に依存しますが、ここで使用する中期移動平均線は20~25日がベストと言えますので、過去のトレンドを見て順張り狙いのポイントが最も如実に現れる日数を設定すると良いでしょう。相場がこのような動きをする時というのは、上昇の勢いが無くなり、下降の勢いが強まっている場合が往々にしてありますので、中長期的な売りポジションを持つ上では、非常に強力な売りのタイミングと見て良いでしょう。

見極める上で、注意しておきたい事は、短期・中長期移動平均線の位置関係です。各移動平均線が横ばいの状態で収束してきた状態は、相場そのものが上下どちらに動き始めるか分かりませんので、その時は前述のパターンに捉われる事なく、冷静に相場を見守りましょう。

尚、上昇トレンドでの買いポジション狙いと同様ですが、このような手法に関しては、予めポジションの指値注文を出すことで、低リスクで順張り狙いを行うことが出来ますので、心理面で不安や恐怖心があるという方は、こうしたより注文そのもののをテクニカルな手法でカバーすると良いでしょう。