Home > 移動平均線を活用した買いタイミングの見極め > 上昇トレンドと中期平均線を味方に付ける!

上昇トレンドと中期平均線を味方に付ける!

上昇トレンドと中期平均線を味方に付ける!

FX初心者から中級者ともなりますと、自分の投資スタンスやディシプリン(自己指針)が確立されてくる頃かと思います。またそれに伴い、売買スタンスと短期取引か中長期取引か、という点も自分のライフスタイルに見合った内容へと変化する頃かと思います。そこで、移動平均線を用いた、短期売買・中長期売買の見極め方法について、少し深堀してお話したいと思います。まずは、お手軽な上昇トレンドにおける順張り狙いでの買いタイミングの見極めです。ここでのポイントは3点です。

(1)ローソク足と中期移動平均線を利用する
(2)為替トレンドが下降から上昇トレンドへと変わった瞬間を狙う
(3)中期移動平均線をローソク足が上抜いたかどうか見極める

これの方法は移動平均線が下降を続けた後に横ばい、若しくは上向きかけていることをまず確認し、その上でローソク足が中期移動平均線を上抜いたタイミングを狙って買いポジションを入れる方法です。その時の売買対象通貨や個人の投資方針に依存しますが、ここで使用する中期移動平均線は20~25日がベストと言えますので、過去のトレンドを見て順張り狙いのポイントが最も如実に現れる日数を設定すると良いでしょう。

相場がこのような動きをする時というのは、下降の勢いが無くなり、上昇の勢いが強まっている場合が往々にしてありますので、中長期的な買いポジションを持つ上では、非常に強力な買いのタイミングと見て良いでしょう。

尚、見極める上で、注意しておきたい事は、短期・中長期移動平均線の位置関係です。各移動平均線が横ばいの状態で収束してきた状態は、相場そのものが上下どちらに動き始めるか分かりませんので、その時は前述のパターンに捉われる事なく、冷静に相場を見守りましょう。