Home > 移動平均線を活用した買いタイミングの見極め > グランビルの法則を最大限に活用

グランビルの法則を最大限に活用

グランビルの法則を最大限に活用

最も代表的な分析手法として「移動平均線」があるわけですが、その移動平均線とローソク足、及び為替トレンドから、売買タイミングを計る方法について見ていきましょう。

まず、是非知っておきたい法則の一つ目は「グランビル法則」というものがあります。これは、移動平均線に対し、為替トレンドの位置とクロスするポイントから導き出されます。それ具体的な売買タイミングを以下に纏めてみましたので、是非売買ポイントの見極めに活用してみて下さい。

(A)買いのタイミング
(1)移動平均線が下降を続けた時、横ばい又は上向きかけている状態で、ローソク足が移動  平均線を上回ったポイント
(2)移動兵金銭が上昇している時、ローソク足が移動平均線を下回り、再度上方に抜けたポ  イント
(3)ローソク足が上向きの移動平均線の上に位置し、移動平均線に向け下降したが、移動平  均線を割り込むことなく、再度上昇トレンドに転じたポイント
(4) ローソク足が下降しつつある移動平均線から、大きく離れて下降したポイント

(B)売りのタイミング
(1)移動平均線が上昇し続けた後、横ばい又は下向きかけている状態で、ローソク足が移動  平均線を下回ったポイント
(2)移動兵金銭が下降している時、ローソク足が移動平均線を上回り、再度下方に抜けたポ  イント
(3)ローソク足がした向きの移動平均線の下に位置し、移動平均線に向け上昇したが、移動  平均線を上抜けすることなく、再度下昇トレンドに転じたポイント
(4)ローソク足が上昇しつつある移動平均線から、大きく離れて上昇したポイント