Home > FXの仕組み > トレール取引とは

トレール取引とは

トレール取引とは

トレール注文とは、為替相場の値動きに応じて逆指値価格を変動させる注文方法です。

例えば、ドルを110円で買う時に、逆指値として109円を指定したとします。このままの設定で1ドル112円まであがった後に決済をせず109円まで下がってしまうと、結局109円で損切り決済されるため、1円分の損になります。もし、112円まで上がった時点で逆指値を111円に設定していたら、下がったとしても111-110=1円分の利益を確保することができていたはずです。

このように上がるにつれて逆指値もそれに追従させて行く取引をトレールと言います。