Home > FXの仕組み > 必要保証金とレバレッジの関係

必要保証金とレバレッジの関係

必要保証金とレバレッジの関係

FX取引は、自分の資金を「証拠金」として預けておいて、それを担保にして外貨の取引をする方法です。FX取引が人気である理由の一つに、「少ない資金からでも始められる」というものがあります。たとえば、1万米ドルの外貨を購入する場合、「1ドル=100円」なら100万円が必要です。このように、外貨預金のような「直接売買」では、取引金額と同じ金額の資金を用意する必要があるのです。

しかし、FXにはレバレッジがあります。このレバレッジを活用することで、少ない資金でも大きく取引を行うことが出来るんですね。とここで、初心者の方の中には、「よ~し!じゃあ、この1万円で100万円分の取引をしよう!」なんて、簡単に想像してしまう人もいるのです。ちょっと待ってください!1万円で100万円の取引ですか・・・そりゃあ、さすがに「図々しい」というもんですよ(笑)

「じゃあ、1万円で最高何倍のレバレッジが可能なの?」 と疑問に思いますが、証拠金の金額とレバレッジの倍率の関係は、FX業者によってかなり異なってきます。仮に、証拠金率が1%でOKなのであれば、上記のような1万円で100万円の取引も可能になるという計算ですね。

また、同じ業者でも、通貨によって証拠金率が異なるのです。たとえば、米ドルなどは円に対して安定していますので、比較的、低い証拠金率でも取引をすることが出来ます。一方、トルコリラなどの変動が激しい通貨の場合、リスクも考えて証拠金率が高く設定されています。