Home > FXの仕組み > 注文は「成り行き」、「指値」、「逆指値」の3パターン

注文は「成り行き」、「指値」、「逆指値」の3パターン

注文は「成り行き」、「指値」、「逆指値」の3パターン

「成り行き」「指値」「逆指値」この3つを知っておくと、より効率的に、そしてリスク管理のきいた取引が可能になります。皆さんが初めてFXを開始したとき、何も知らなければ「成り行き」でトレードをすることになると思います。実際、私が初心者だった頃も、「成り行き」に任していましたし、おかげで随分と効率の悪い運用をした経験があります。そこで、「成り行き」「指値」「逆指値」の言葉を理解しておきましょう!

・「成り行き」

成り行き注文

金額はいくらでも良いので、とにかくポジションを持ちたい!というときに使う注文方法を「成り行き注文」といいます。成り行き注文は、その場ですぐに注文を決定(約定)できる注文方法です。 左図のような取引画面で表されます。買いの時は「Bid(Buy)」、売りの時は「Ask(Sell)」、それぞれのレートで取引します。

○メリット:確実に売り買いが成立する
○デメリット:幾らで売買されたかは、約定後でなければ分からない

また、注文レートと約定レートに差が生じることを、「スリッページ」といい、スリッページが生じた場合
○売りでは:指定したレートよりも安く売る
○買いでは:指定したレートよりも高く買う

と言ったような特徴があります。

・「指値注文」

現在より安い価格になったとき、自動的に「買い注文」
現在より高い価格になったとき、自動的に「売り注文」

このように、自分の指定した値段で注文する方法を「指値注文」 といいます。

・「逆指値注文」
現在より安い価格になったとき、自動的に「売り注文」
現在より高い価格になったとき、自動的に「買い注文」

逆指し値

このように、指値とは逆で注文する方法を「逆指値注文」 といいます。損失を限定するときやトレンドに乗るときに使います。

この「指値注文」と「逆指値注文」を利用することで、躊躇している間に利益を逃したり、モタついている間に損をしたりなど、初心者にありがちな「ミス」を自動的に防ぐことが出来るんですよ。