Home > FXの仕組み

FXの仕組み

FXを始めるには、売買の方法を知る必要があります。基本的な「成り行き」、「指値」、「逆指値」の3つのパターンと、覚えておくと便利なイフダン(IFD)、オーシーオー(OCO)、イフダンオーシーオー(IFO)の3つについて説明致します。


注文は「成り行き」、「指値」、「逆指値」の3パターン

「成り行き」「指値」「逆指値」この3つを知っておくと、より効率的に、そしてリスク管理のきいた取引が可能になります。皆さんが初めてFXを開始したとき、何も知らなければ「成り行き」でトレードをすることになると思います。実際、私が初心者だった頃も、「成り行き」に任していましたし、おかげで随分と効率の悪い運用をした経験があります。そこで、「成り行き」「指値」「逆指値」の言葉を理解しておきましょう!

・「成り行き」

成り行き注文

金額はいくらでも良いので、とにかくポジションを持ちたい!というときに使う注文方法を「成り行き注文」といいます。成り行き注文は、その場ですぐに注文を決定(約定)できる注文方法です。 左図のような取引画面で表されます。買いの時は「Bid(Buy)」、売りの時は「Ask(Sell)」、それぞれのレートで取引します。

○メリット:確実に売り買いが成立する
○デメリット:幾らで売買されたかは、約定後でなければ分からない

また、注文レートと約定レートに差が生じることを、「スリッページ」といい、スリッページが生じた場合
○売りでは:指定したレートよりも安く売る
○買いでは:指定したレートよりも高く買う

と言ったような特徴があります。

・「指値注文」

現在より安い価格になったとき、自動的に「買い注文」
現在より高い価格になったとき、自動的に「売り注文」

このように、自分の指定した値段で注文する方法を「指値注文」 といいます。

・「逆指値注文」
現在より安い価格になったとき、自動的に「売り注文」
現在より高い価格になったとき、自動的に「買い注文」

逆指し値

このように、指値とは逆で注文する方法を「逆指値注文」 といいます。損失を限定するときやトレンドに乗るときに使います。

この「指値注文」と「逆指値注文」を利用することで、躊躇している間に利益を逃したり、モタついている間に損をしたりなど、初心者にありがちな「ミス」を自動的に防ぐことが出来るんですよ。

イフダン(IFD)、オーシーオー(OCO)、イフダンオーシーオー(IFO)

「イフダン(IFD)」と「オーシーオー(OCO)」、いやはや、FXの世界には難しい言葉がたくさんあるものです・・・ これらの用語は、取引の手法を表した用語で、知っておくととても便利なテクニックです。

・イフダン(IFD)

イフダン(IFD)

指値注文に関してはもうご理解いただけましたよね?「ある一定の価格にまで下がると自動的に買い注文を出す」というのが「指値」の「買い注文」でした。このイフダン(IFD)とは、指値で一つの注文が確定したら、その次のリクエストも自動的に設定できる機能です。

・オーシーオー(OCO)

オーシーオー(OCO)

OCOを一言で説明すると、「上限と下限の自動設定」 ということになります。たとえば、今の時点で1ドルが100円なら、「下限は95円、上限は105円になったら売る!」と、上限と下限の両方を設定できるのが「OCO」です。片方が約定したらもう片方は自動的にキャンセルされます。

・イフダンオーシーオー(IFO)

イフダンオーシーオー

イフダンオーシーオー(IFO)とは、イフダン(IFD)とオーシーオー(OCO)合わさったものです。たとえば、100円で買い注文を入れ約定したら、下限は95円、上限は105円で売ると言った一連の動作を1度の注文で出来ます。

必要保証金とレバレッジの関係

FX取引は、自分の資金を「証拠金」として預けておいて、それを担保にして外貨の取引をする方法です。FX取引が人気である理由の一つに、「少ない資金からでも始められる」というものがあります。たとえば、1万米ドルの外貨を購入する場合、「1ドル=100円」なら100万円が必要です。このように、外貨預金のような「直接売買」では、取引金額と同じ金額の資金を用意する必要があるのです。

しかし、FXにはレバレッジがあります。このレバレッジを活用することで、少ない資金でも大きく取引を行うことが出来るんですね。とここで、初心者の方の中には、「よ~し!じゃあ、この1万円で100万円分の取引をしよう!」なんて、簡単に想像してしまう人もいるのです。ちょっと待ってください!1万円で100万円の取引ですか・・・そりゃあ、さすがに「図々しい」というもんですよ(笑)

「じゃあ、1万円で最高何倍のレバレッジが可能なの?」 と疑問に思いますが、証拠金の金額とレバレッジの倍率の関係は、FX業者によってかなり異なってきます。仮に、証拠金率が1%でOKなのであれば、上記のような1万円で100万円の取引も可能になるという計算ですね。

また、同じ業者でも、通貨によって証拠金率が異なるのです。たとえば、米ドルなどは円に対して安定していますので、比較的、低い証拠金率でも取引をすることが出来ます。一方、トルコリラなどの変動が激しい通貨の場合、リスクも考えて証拠金率が高く設定されています。

トレール取引とは

トレール注文とは、為替相場の値動きに応じて逆指値価格を変動させる注文方法です。

例えば、ドルを110円で買う時に、逆指値として109円を指定したとします。このままの設定で1ドル112円まであがった後に決済をせず109円まで下がってしまうと、結局109円で損切り決済されるため、1円分の損になります。もし、112円まで上がった時点で逆指値を111円に設定していたら、下がったとしても111-110=1円分の利益を確保することができていたはずです。

このように上がるにつれて逆指値もそれに追従させて行く取引をトレールと言います。