雇用

雇用

「雇用」 について考えてみましょう。実は、ファンダメンタルで一番重要なのは雇用と言っても間違いではありません。雇用が悪化すると、国内経済はどうなるでしょうか?もちろん悪化しますよね。では、国内経済が悪化するとどうなるでしょうか?投資家たちが不安を感じて資金を引き上げますよね。それでは、資金が引き上げられたらどうですか?そうです。ここで「為替が動く」のです。雇用は全てのファンダメンタルに影響を与え、雇用の悪化次第では全ての要素が悪い方向に行く可能性があるのです。

たとえば、雇用状況が悪化して失業者が増えたとします。「派遣切り」が深刻化している今の日本と同じ状況です。このような事態になったら、物を買う人が少なくなります。こうなると、物の値段を下げてでも売る必要がありますよね。「雇用の悪化→物価の下落」 という図式が完成してしまうんですよ。

また、物が売れないと製造業や不動産業界が打撃を受けますし、こうなると経済全体に悪影響を及ぼしてしまいます。このように、ファンダメンタルに順位をつけるわけではありませんが、少なくとも「雇用」は基本となる存在ですので、最も注意して見るべきポイントと言えるのです。

雇用に関する情報は、各国の「厚生労働省」が発表しています。雇用を分析する時は、短いスパンで見るのではなく、比較的、長いスパンで見ることをオススメします。目安としては6~12ヶ月くらいのスパンですね。この長いスパンで雇用を見ることで、景気の長期トレンドを予想することも出来ますし、今後の取引内容の目安にもなることでしょう。