Home > FX業者の比較 > 長期トレード派

長期トレード派

「長期トレード派」は、業者の「信用」を大切にしたいところです。長期トレードは細かく取引をせず、「ほったらかし」の場合が多いので、万が一の事態にも「気付きにくい」ということが想像できます。しかも、スワップポイント派の人が多いので、取引金額も大きい場合が多いんですね。取引金額が大きく、なおかつ、万が一の事態に気付きにくい… このような状態で最も怖いのが、「業者の倒産」 です。

FX業界はかなり競争が激しく、現在、日本だけでも数100社はあると言われています。これだけ数が多いと、当然ですが「競争に負ける業者」もいます。つまり、「倒産」してしまう業者もいるということですね。FX業者が倒産した場合、困るのは利用者です。なにせ、預けていた証拠金が戻ってこないかもしれないのですから…

しかし、このような事態を防ぐために、「信託保全」という制度があるのをご存じでしょうか?万が一、業者が倒産したときのため、利用者が預けている証拠金に保険をかけておく制度です。こうすることで、あなたが預けた証拠金もほぼ100%保全され、業者が倒産しても戻ってくるということです。ところが… FX業者の中には信託保全が完璧ではない業者もいます。これは困りましたね。もし倒産したら、証拠金は戻ってこないことになります。

少し話を戻しますが、長期トレードの場合、「取引金額が大きいことが多く、また、万が一の事態に気付きにくい」という特徴がありましたね。なので、「証拠金を失うダメージが最も大きい人たち」なのです。長期トレードを行うのであれば、やはり信託保全が完璧に行われている業者を選びたいですね。 口座を開設する前に、電話やメールなどで、信託保全の内容について問い合わせておくことをオススメします。

→ 長期トレードにオススメ業者はこちら