Home > FX業者の比較 > 短期トレード派

短期トレード派

短期トレードは細かい取引を繰り返すので、1回あたりの取引手数料が安い方がお得ですよね。最近のFX業者は、口座手数料は無料にしているところが多いのですが、それ以外の手数料は必要になってきます。たとえば、 「スプレッド」 などは注目すべき点です。スプレッドは一種の取引手数料であり、1通貨の取引あたりの手数料だと思ってください。

一度、業者のホームページをご覧ください。 「円/米ドルのスプレッド1銭!」 なんて広告を見かけると思います。この広告の意味は、1ドルあたりの取引の手数料「1銭」という意味です。したがって、1万米ドルの取引をするなら、1回の取引で「1万通貨×1銭」で「100円」の取引手数料がかかる計算です。

短期トレードでは、為替のわずかな変動でも決済します。しかし、あまりにも「わずか」だと、取引手数料を差し引いて、「利益はゼロに近かった…」 なんてことになってしまうかもしれません。短期トレードで細かい取引を繰り返すスタイルであれば、「スプレッドが小さい業者」 というのが、最も大きなポイントになってくると思います。

→ 短期トレードにオススメ業者はこちら