Home > FXと他の投資商品を比較 > 株とFXの違い

株とFXの違い

株とFXの違い

FX取引とよく比較される対象として、「株式取引」があります。「株」と「FX」の大きな違いとは「変動幅」です。株の世界は変動が非常に激しく、乱高下を短い期間で繰り返す傾向にあります。

一方、為替は株と比べて変動幅が小さく、よほどのことがない限り乱高下を繰り返すことはありません。変動幅が少ないということは、それだけリスクも少ないということです。リスクの少ない投資をしたいなら、株取引よりもFXの方が良いと言えるでしょう。

但し、FXの世界には「レバレッジ」という制度があり、この制度を活用すれば大きく投資を行うことも可能です。