Home > 外国為替取引について知ろう > 円高と円安について

円高と円安について

円高と円安について

「円高」と「円安」、FX取引をする上で欠かせない要素ですね。「円高」とは、読んで字の如く、「円が高くなる」 ことです。しかし、「100円→101円」が円高ではありません。「見た目の数字が高くなる=円高」ではないんですね。間違って覚えている方は、ここでしっかり覚えましょう。

円安・円高

・円安とは
たとえば、1ドル100円が、1ドル101円になったとしましょう。ドルを持っている人からすれば、「1円」の得をしたということになりますよね?別の言い方をすれば、 「同じ1ドルでたくさんの日本円を受け取れる」 ということであり、ドルに対して、「日本円の価値が下がった」 と言えます。 「価値が下がった」ということは、「円が安くなった」ということです。つまり、見た目の数字が高くなれば、 「円安になった」 ということです。

・円高とは
たとえば、1ドル100円が、1ドル99円になったとしましょう。 ドルを持っている人からすれば、「1円」の損をしたということになりますよね?別の言い方をすれば、 「同じ1ドルで受け取れる日本円が減った」ということであり、ドルに対して、「日本円の価値があがった」 と言えます。 「価値が上がった」ということは、「円が高くなった」ということです。つまり、見た目の数字が低くなれば、「円高になった」ということです。

いかがですか?ちょっと複雑ですから最初は難しいかもしれませんが、見た目の数字が高くなれば「円安」であり、見た目の数字が低くなれば「円高」である。理論で仕組みを覚えるのも大切ですからすが、 このように覚えておくのが一番簡単かもしれません。