Home > 外国為替取引について知ろう > 通貨の流通量について

通貨の流通量について

通貨の流通量について

様々な通貨があることは理解できたでしょうか?次は、通貨の流通量について理解しましょう。通貨の流通量というのは、「変動幅」に大きく影響してくるので、為替を知る上で重要な要素になります。

世界の流通量が多い通貨というのは、少々のお金の流れでも「変動しにくい」という特徴があります。米ドルやユーロ、日本円なんかがそうですね。一方、流通量が少ない通貨、たとえば「トルコリラ」などは、絶対量が少ないので、少しのお金の流れで大きく変動することがあります。

つまり、流通量の少ない通貨で取引すると激しい動きをするので、ハイリスクハイリターンになりますす。初心者の方は、取引に慣れるまで流通量の多い通貨で取引することをオススメします。